ユーチューバー(YouTuber)の事務所 まとめ

ユーチューバー(YouTuber)の事務所って何なの?って思われる方も多いと思います。

最近ではユーチューバー(YouTuber)を専門とした芸能事務所が存在しています。

ユーチューバー(YouTuber)はなぜ事務所(芸能プロダクション)に所属しているのか?

ユーチューバー(YouTuber)のマネジメントなどの実態を紹介したいと思います。

事務所(芸能プロダクション)とMCN(マルチチャンネルネットワーク)の違いは?

事務所(芸能プロダクション)とMCN(マルチチャンネルネットワーク)の違いって何なのかいまいち判らなくないでしょうか?

当記事では事務所(芸能プロダクション)とMCN(マルチチャンネルネットワーク)の特徴と違いを解説し、実際に存在する事務所(芸能プロダクション)とMCN(マルチチャンネルネットワーク)を紹介いたします。

事務所(芸能プロダクション)とは?

事務所(芸能プロダクション)とは、有名人などと同じような扱いを受ける事になります。

一体どんな事をしてくれるのでしょうか?

ユーチューバー(YouTuber)にマネージャーが付き、動画編集に便利な素材提供をしてもらえたり、事務所主催のイベントの開催や、企業案件などの仕事を斡旋してもらえたりします。

しかし、事務所に所属できるユーチューバー(YouTuber)は多くのチャンネル登録者を抱える一握りのトップユーチューバー(YouTuber)のみなのです。

※今後、現在の芸能プロダクションのようにユーチューバー(YouTuber)養成所などが多く出てきて事務所に所属できるようにはなったけど無所属と変わりない…みたいな展開が目に浮かびますね(苦笑)

MCN(マルチチャンネルネットワーク)とは?

芸能プロダクションや広告代理店などの企業が多くのYouTubeチャンネルを束ねてグループ化しているのがMCN(マルチチャンネルネットワーク)です。

事務所とは何が違うの?というのが真っ先に出る疑問かと思います。

MCNに所属しているユーチューバー(YouTuber)は、動画編集に便利な素材提供を受けたり、企業案件などの斡旋をしてもらう事が可能です。

ですが、ココが一番の違いです「MCNに所属しているユーチューバー(YouTuber)は投稿した動画から得られる広告収入の数%を、所属しているMCNに支払う必要があります。

MCNの加入には一定の審査などがあり、全てのユーチューバー(YouTuber)が加入できるわけではありません。

無所属のユーチューバー(YouTuber)

事務所やMCNに所属するユーチューバー(YouTuber)が増えていますが、トップユーチューバー(YouTuber)でも、無所属での活動をされている方もいらっしゃいます。

人それぞれ考えがありますし、やり方によっては無所属でもまったく問題はありません。

無所属だと企業案件は受けられないの?という質問があります。

いいえ、そんな事はありません

企業案件は無所属の人でも受けることは可能です!(これはまた別のお話)

事務所 (ユーチューバー プロダクション)

ユーチューバー(YouTuber)プロダクションと書いていますが、専門に行っている所もあれば、様々なアーティストなどを抱えている事務所もあります。

現在ある主な事務所を紹介いたします。

UUUM (ウーム)

ユーチューバー事務所のUUMってなに?

UUUM WebSite

UUUMはHIKAKIN(ヒカキン)さんやはじめしゃちょーさんなど日本を代表するトップユーチューバー(YouTuber)をたくさん抱える芸能プロダクションです。

ユーチューバー(YouTuber)の芸能プロダクションとしては、日本で最大手です!

数千人規模のユーチューバー(YouTuber)ファンイベント「U-FES.」の主催やユーチューバー(YouTuber)のファン交流オフ会などのサポートなどを行っています。

TVへの露出や企業案件は間違いなく最多と言えます。(2017年1月現在)

所属クリエイター
HIKAKINはじめしゃちょーSEIKIN瀬戸 弘司PSD株式会社Masuo木下ゆうかKazuトミックジェットダイスケフィッシャーズおるたなチャンネルカリスマブラザーズ水溜りボンドくまみき関根理沙AAAjokenみさわ など

BREAKER (ブレイカー)

ユーチューバー事務所のブレイカーとは?

BRAKER WebSite

BRAKERはMEGWIN TVさんや劇団スカッシュさんなどの、日本ユーチューバー(YouTuber)の大御所が所属する芸能プロダクションです。

こちらの芸能プロダクションのスタッフにはYouTubeJapanの立ち上げメンバーや大手芸能プロや映画会社のマーケティング出身者など業界に特化した人材が集まっており、ユーチューバー(YouTuber)だけではなく様々なクリエイターやアーティストへのマネジメントなどを行っている芸能プロダクションです。

所属クリエイター
MEGWIN劇団スカッシュ全力ヒロシ詐欺メイクすうれろ など

GENESIS ONE (ジェネシスワン)

ジェネシスワンってなに?

GENESIS ONE WebSite

GENESIS ONEはワタナベマホトさんや東海オンエアーさんが所属する芸能プロダクションです。

公式のファンクラブも運用しており、完全に芸能界より運営方式をする芸能プロダクションだといえます。

2016年11月にデカキンさんがGENESIS ONEを辞めています。

所属クリエイター
ワタナベマホト東海オンエアーPRDさんサグワimigaへきトラハウスmimeiあやなん など

Next Stage (ネクストステージ)

Next Stage(ネクストステージ)とは?

VAZ WebSite

Next Stageとは、株式会社VAZが新しく立ち上げた芸能プロダクションです。

ヒカルさん・ラファエルさん・禁断ボーイズさんの3組をベースに新規に立ち上げています。

2016年に設立したばかりですが、ファンイベントを開催したりTV出演をさせていたり積極的にマネジメントをしているように思います。

また、積極的にクリエイターを募集しており設立から間もないにも関わらず沢山のユーチューバー(YouTuber)が所属しております。

ユーチューバー(YouTuber)だけではなく、Twitterなどの動画クリエイターも所属しています。

所属クリエイター
ヒカル禁断ボーイズラファエル怪盗PINKID/ピンキーテオくん☆イニ☆歩乃華スカイピース女装筋肉ぷろたん など

MCN (マルチチャンネルネットワーク)

MCNについてご紹介致します。

UUUM NETWORK (ウームネットワーク)

MCNのUUUM NETWORK(ウームネットワーク)とは何か?

UUUM NETWORK WebSite

UUUM NETWORKはUUUMとは異なりますが、UUUMが母体となり運営しているMCNになります。

動画編集素材の提供や動画編集やコンテンツに関するノウハウ提供はもちろん、企業案件などの斡旋も積極的に行っております。

また、UUUMに所属しているトップユーチューバー(YouTuber)とのコラボ企画等もしているため、知名度を上げるチャンスも!

クリエイター自らUUUM NETWORKに応募でき、所属ハードルはそこまで多角はありません。

The Online Creators (ザ・オンラインクリエイターズ)

MCNのThe Online Creators(オンラインクリエイターズ)とは?

The Online Creators WebSite

The Online Creatorsは日本で最初のMCNです。

The Online Creatorsは株式会社クリーク・アンド・リバー社が運営しています。

所属クリエイターは動画編集素材や広告収益に関するサポートや視聴者拡充のサポートはもちろんですが、企業案件の斡旋・多言語化の作成サポートなどもしており、世界へ向けての動画作成も視野に入れた運用をしているようです。

また、株式会社クリーク・アンド・リバー社はMCNに所属しないユーチューバー(YouTuber)へ企業とのマッチングサービスEUREKA(エウレカ)の運用もしています。

無所属でも企業案件でお金を稼ぎたいユーチューバー(YouTuber)がEUREKAに多数登録しています。

The Online Creatorsはクリエイター自ら応募できるので、それなりに動画を投稿しているユーチューバー(YouTuber)であれば所属できる可能性は高いと思います。

OmO (オモ)

MCNのOmO(オモ)とは?

OmO WebSite

OmOは吉本興業株式会社が運用するMCNです。

所属クリエイターは吉本のお笑い芸人さんが大半を占めています。(2017年1月現在)

大手芸能事務所運用のMCNだけあり、企業案件などには強いかと思います。

しかし、芸能プロダクションの方でのギャラの取り分が事務所の方が多いなどとよく聞きますのでMCNの方でも同様の可能性があります。

ガジェクリ

ゲーム実況特化MCNのガジェクリとは?

ガジェクリ WebSite

ガジェクリとはガジェット通信が母体となり運営しているMCNです。

ゲーム実況者に特化したMCNで、ゲーム実況で問題になりがちな著作権の問題を解消してくれるMCNの為、ゲーム実況者にはいいのではないでしょうか?

事務所・MCNまとめ

事務所(芸能プロダクション)は手厚いサポートがある代わりに所属する為にはそれなりに高いハードルを越えなくてはいけません。

逆にMCN(マルチチャンネルネットワーク)に所属するには、ある程度の動画が作成できれば所属する事が可能かと思います。

事務所やMCNに参加するメリットやデメリットはそれなりにありますが、無所属で頑張るユーチューバー(YouTuber)も居ますので参加するかしないか、できる出来ないもありますが自由です。

事務所やMCNに所属したからといって必ずしもトップユーチューバー(YouTuber)になれるわけではありません。

フリーの動画素材 オススメ サイト

動画を作成していくにはある程度の素材が必要になります。

今回は無料で著作権フリーの無料動画素材を提供しているサイトを紹介致します。

日本語サイト

日本語サイトをメインで紹介していきます。(日本語対応のサイトも含みます)

動画素材.com

http://動画素材.com/

http://動画素材.com/

ロイヤリティーフリーの動画素材サイトです。

素材サイズもハイビジョンや4K・VR360度対応など様々なフォーマットに対応しているので、自身の用途に合わせて使い分ける事が可能です。

ユーチューバー(YouTuber)だけでなく、VJやプロジェクションマッピングなどの使用も推奨しております。

また、動画使用に関しての報告や著作名の表示義務は無いため気軽に動画素材を利用する事が可能です。

NHKクリエイティブ・ライブラリー

http://www1.nhk.or.jp/creative/

http://www1.nhk.or.jp/creative/

国営放送のNHKが運営する日本最大級のクリエイティブ・ライブラリーです。

利用規約として著作社名の表示が義務付けられています。

膨大な動画素材があり、生き物・風景・CG・特撮・イメージ年代・地球・環境・乗り物のカテゴリーがあり、検索しやすく使い勝手もいいです。

また、音楽や効果音などの素材もある為、動画作成においては非常に重要なサイトの一つといえます。

4K映像/ハイビジョン映像素材集

http://www.openspc2.org/HDTV/

http://www.openspc2.org/HDTV/

風景映像をメインで取り扱われている動画素材サイトになります。

4K映像とハイビジョン映像素材がメインになります。

ロイヤリティーフリーで、報告や著作権名の表示は不要のようです。

ニコニ・コモンズ

http://commons.nicovideo.jp/search/material/video

http://commons.nicovideo.jp/search/material/video

動画配信サイトのニコニコ動画が運営するクリエイティブ・ライブラリーです。

膨大な数の動画素材が使用可能です。

著作物ごとに利用条件が異なる事がありますので、注意しましょう。

また、ニコニ・コモンズ対応サイトのみに許可された素材なのか、インターネット全体に許可された素材なのかを確認して下さい。

ニコニ・コモンズ対応のみの場合はYouTubeには使用できません。

カテゴリー分けがされていないため、キーワードで検索するか根気よく探すしか現在は方法がありません…(苦笑)

Lab01

https://www.studio-lab01.com/freebies.html

https://www.studio-lab01.com/freebies.html

Lab01(らぼわん)はクレジット表記が必須の動画素材になります。

YouTubeでの使用も認められています。

結婚式のオープニングやエンドロール・ビデオレターを想定して作成されている素材ですがYouTubeのタイトルなどにも使用出来そうなため、タイトル用素材として使えそうです。

motion elements

http://www.motionelements.com/ja/free/stock-footage

http://www.motionelements.com/ja/free/stock-footage

海外サイトですが、日本語対応しています。

動画素材とAfter Effectsのテンプレートが利用できます。

After Effects Style

http://ae-style.net/materials/

http://ae-style.net/materials/

素材の数は多くないですが、無料で動画素材を利用できるので貴重です!

クレジット表記やリンクなどは不要のようです。

無料映像素材 フリー素材館

http://www.namaewallpaper.com/movie/

http://www.namaewallpaper.com/movie/

背景や風景などをメインに取り扱っているサイトになります。

ロイヤリティーフリーです。

著作名やリンクなどに関する言及は無いため、記載なしでも問題ないかと思われます。

LifeinMaterial

http://lifeinmovie.main.jp/material/

http://lifeinmovie.main.jp/material/

背景素材も多く、編集に重宝します。

カテゴリー分類も細かくされており、欲しい素材が簡単に見つかります。

ロイヤリティーフリーですが、著作権表記などの記載は無いため報告や記載は不要かと思われます。

海外サイト

日本語非対応の海外の動画素材サイトになります。

MOVIETOOLS

http://www.movietools.info/

http://www.movietools.info/

日本語非対応ですが、会員登録不要で直感的にダウンロードできるため英語が判らなくてもダウンロード可能です!

気になる動画のサムネイルをクリックしてDOWNLOADSからDownloadのバナーをクリックするだけです。

orangeHD

http://orangehd.com/blog/

http://orangehd.com/blog/

動物や食べ物や背景など様々な動画素材があります。

カテゴリーから検索できますので、非常に便利です。

カテゴリーから検索して、サムネイルやタイトルをクリックして素材のページに移動します。

下のほうにあるDOWNLOADから圧縮ファイルをダウンロードして、解凍すればOK!

たまにリンクがおかしいページがあり、ダウンロードできない場合もあるようです。

Mazwai

http://mazwai.com/

http://mazwai.com/

直感的に操作できるのは非常にいいのですが、結構重たいサイト構成になっています。

気になる動画をクリックして、↓のメニューを押してDOWNLOADを押すだけで素材をダウンロード可能です。

FREE HD FOOTAGE

http://www.free-hd-footage.com/

http://www.free-hd-footage.com/

カテゴリーの量がかなり多く、無料で多くの動画素材が使用可能です。

また動画のフォーマットもいくつかある為、用途に応じて検索も可能です。

気になる動画のサムネイルをクリックしてDownloadを押すだけでダウンロード可能です。

Videvo

https://www.videvo.net/

https://www.videvo.net/

様々なカテゴリーが用意されています。

カテゴリー検索ページの上段のSponsored by Shutterstockは有料サイトへのリンクになるため、その下からが無料素材になります。

気になる動画のサムネイルをクリックしてFREE DOWNLOADのボタンを押せば動画素材がダウンロード可能です。

動画素材まとめ

日本や海外で動画素材を提供するサイトは続々登場しています。

用途に合わせて使い分けると、かなりの素材がありますね。

海外サイトでも日本サイトでもクレジット表記などの規約があったりする場合がありますので、その辺の注意は必要です。

ユーチューバー(YouTuber)だけでなく、VJや結婚式の動画作成などにもこの辺の素材は利用できますし、素材の動画を見ているだけでも楽しいです(笑)

有料の動画素材に頼らなくても、無料の動画素材も豊富ですので一度サイトを検索してみてはいかがでしょうか?

芸能界とYouTube界の流行のサイクルは変らない?

流行のサイクルを知ろう

最近TV見ないで、YouTubeやニコニコ動画だけを見てるって方も少なくないですね~。

芸能界(TV業界)でもYouTube界でも、流行のサイクルは殆ど変らないんじゃないかという事です。

流行のサイクルは昔よりも早い?~芸能界編~

最近では芸能界で芸人さんの流行のサイクルが非常に早いと言われています。

例に出すと「ラッスンゴレライの8.6秒バズーカさん」や「あったかいんだから~のクマムシさん」や「ダンソンのバンビーノさん」などですね。

8.6秒バズーカもYouTubeで非常に人気になった動画の一つです。

8.6秒バズーカさんの現在はというと…

完全にTVからは消えて、営業などで稼いでる模様です。

YouTubeで流行った8.6秒バズーカさんの一番の代表作「【公式】8.6秒バズーカー『ラッスンゴレライ』 」

こちらの動画ですが、30,338,749回(2017年1月現在)

脅威の3千万回越えの再生回数です!

さて、最近の8.6秒バズーカさんの再生回数は平均1万再生回数未満です…

見る影もありませんね…

原因はいくつかあると思いますが、まず技術不足が原因ですが、それと共に半日行動などによる炎上などの原因もあるかと思います。

オリエンタルラジオさんが流行った時も、ネタだけが先行し本人達の技術力不足で最終的には消えていってしまった過去があります。

現在では、お二方とも様々な分野で頭角を出しており活躍しており再ブレイクしています。

芸能界での一昔前までの一発屋の流行サイクルは1年~2年程度でしたが、

最近の流行の芸人さんのサイクルを見ていると3ヶ月~半年程度持てばいいほうだと思います。

果たして、これはYouTube業界でも同様なのでしょうか?

流行のサイクルは昔よりも早い?~ネット編(YouTube)~

先ほどの芸能界編でも書いたとおりで、流行のサイクルが非常に早いと感じています。

一昔前にFlash動画というのが流行りましたね!

Flashの時代も終わってしまったので、Flash動画も一緒に消えて今はYouTubeやニコニコ動画が流行の発信源になっています。

Flash動画自体も1本の流行サイクルはそんなに短い物ではなかったと記憶しています。(結構ネタが使いまわされたりもする為)

最近のYouTubeの流行といえば

エクスプロージョンさんの本能寺の変ですよね!

現在の再生数52,241,725回

こちらも脅威の5千万再生越えです!

さてYouTubeで火がついたエクスプロージョンさんはTVなどにもよく出演していましたよね?

正直な所、流行が持続したのは半年ほどかと思います。

チャンネル登録者数が50万人突破!と2016年7月7日に動画を投稿されていますが、2017年1月26日現在ではチャンネル登録者数は50万人を割ってしまっています…

ただ、エクスプロージョンさんを一発屋の括りにしてしまうのは微妙な所です。

現在でも動画のアップロードは行われており、10万再生を超える動画などもあるので一定の支持はありそうですね!

しかし、流行という観点からするとTV同様に半年(長い部類)の流行のサイクルに入るのではないかと思います。

流行のサイクルは昔よりも早い?~メディアミックス編~

最近ではTVの一発屋の芸人さんがYouTubeに参戦しユーチューバー(YouTuber)化するという現象がよくみられます。

その代表格と言えるのが「日本エレキテル連合」さんですね!

TVでも一世風靡しユーチューバー(YouTuber)としても、そこそこの成功を一時的にしたと言えるのではないでしょうか?

TVからは一旦消え、ユーチューバー(YouTuber)として再ブレイクしましたが、その流行もこのCMまでがほぼピークだったようです…

この時点でのチャンネル登録者数は140,844人ですが、現在のチャンネル登録者数は145,392人です。(2017年1月26日現在)

TVしかみないユーザー、YouTubeなどのネット系しかみないユーザー、両方見るユーザーが居ますが、どちらも流行のサイクルは似たような物なのでやはり日本エレキテル連合さんもどちらでも3ヶ月~半年程度のブレイク期間だったと言えます。

流行サイクルに関してのまとめ

勝手な考察になりますが、TVであってもYouTubeであっても一発屋としての流行のサイクルは現在は3ヶ月~半年程度と言えます。

ユーチューバー(YouTuber)として成功したいのであれば一発屋は狙わずに、コンテンツをしっかりと作り上げ実力も向上させていく事が重要です。

しかし、日本エレキテル連合さんのように芸人仲間からは実力者として認められていてもコンテンツが大衆受けしないと、どうしても一発屋として終わってしまう可能性もあるのです。

芸能界であってもYouTube界であっても、「好きなことで、生きていく」ために、日々の努力は相当必要です!

ユーチューバー(YouTuber)って儲かるの?(稼げるの?)

ユーチューバーは儲かる?

「好きなことで、生きていく」

テレビCMでこのフレーズを見聞きしたりしていませんか?

そう、このCMです!

ユーチューバー(YouTuber)を目指す方の理由は様々かと思いますが、大半の理由はユーチューバー(YouTuber)になってお金を儲けたい!(稼ぎたい)からですよね?

子供のなりたい夢(小学校4年生 男子)
第1位 サッカー選手
第2位 医者
第3位 ユーチューバー(YouTuber)
第4位 公務員
という結果でした。

医者と公務員は現実的ですね(笑)

それはさておき、子供の夢でユーチューバー(YouTuber)がランクインするのは子供達の中でもユーチューバー(YouTuber)が一般的な職業として子供達に認識されていると言う事が驚きですよね!

職業として認識されていると言う事は、ユーチューバー(YouTuber)はお金が稼げるの?というのが一番の疑問ですよね?

当記事ではユーチューバー(YouTuber)の収入について、解説していきます。

YouTubeの収入の仕組み

ユーチューバー(YouTuber)がお金を得る為には、動画を作成し、動画をYouTubeにアップロードして、その動画に広告を入れることが出来、その広告の収入の一部を得られるという仕組みになっています。

一昔前までの動画再生の収入は1再生ごとに約0.1円の報酬がもらえたそうです。(推定)

現在の動画再生の収入は1再生ごとに約0.025円と言われております。(推定 2017年1月現在)

1再生あたりの収入が0.025円だった場合で1万再生されたとします。

その時の1動画あたりの収入は0.025円×10,000再生=250円です。(苦笑)

10万再生でも、収入が25,000円しかない事になります。

月収30万稼ぐとすると、10万再生される動画を月間12本アップロードする必要があるのです。

視聴者の低年齢化が進めば進むほど、広告料レートが下がる可能性が高いので、ユーチューバー(YouTuber)として稼ぐ事は難しくなるかもしれません。

しかし!トップユーチューバー(YouTuber)になると、広告費のレートが上がる場合があるので、1再生あたりの収入は増える可能性があります。

トップユーチューバー(YouTuber)っていくらぐらい稼いでるの?

様々なサイトでユーチューバー(YouTuber)の年収が公開されていますが、あくまでもユーチューバー(YouTuber)本人がそういっているわけではないので推定年収などになります。

HIKAKIN(ヒカキン)

日本でユーチューバー(YouTuber)のパイオニア的存在といえばこの人しか居ないでしょう!

HIKAKIN(ヒカキン)さんです。

HIKAKIN(ヒカキン)さんの2016年度の推定年収は

1億円~2億円といわれております。

ただ、HIKAKIN(ヒカキン)さんはHikakinTVとHikakinGamesの2チャンネル構成でアップロードしていますので実際の年収はもっと多いかと思います。

はじめしゃちょー

はじめしゃちょーさんは、単一のチャンネル登録者数で言えば日本一です!(2017年1月現在)

自分では出来ない実験や、ドッキリなどで若年層の絶大な支持を得ています。

はじめしゃちょーさんの2016年度の推定年収は

1億前後といわれております。

TVCMでも有名な二方の年収が判ると、大体どれぐらい稼げるのかが見えてくると思います。

本当にトップ中のトップで大体1億~2億を動画再生で稼いでるという事になります。

ユーチューバー(YouTuber)の収入って動画再生だけなの?

こちらも疑問だと思います。

芸人などはよくイベント(営業)で1本数十万~数百万稼ぐといわれています。

それは、ユーチューバー(YouTuber)でも同じ事が言えます。

動画再生数だけではなく、企業案件やイベント出演で+αの収入を得ているのです。

ユーチューバー(YouTuber)の企業案件とは?

こちらはその名の通り、企業から依頼を受けて動画を作成する事です。

TVを見ているとCMが流れていますよね?

それと同じ事を企業がユーチューバー(YouTuber)を使って行っているのです。

商品レビューやアプリの紹介、出会い系の紹介なんてのも最近では見られますよね。

この企業案件によりユーチューバー(YouTuber)は再生収入とは別の収入を得ているのです!

人により様々ですが、1本数万円~数百万円の企業案件があるといわれています。

これはチャンネル登録者数や在籍している事務所により異なります。

1ヶ月10万円稼ぐのは難しい!しかし1ヶ月1万円からなら?

いきなりユーチューバー(YouTuber)として1ヶ月10万円稼ぐのは、相当難しいです!

継続は力なりという言葉がありますが、その通りです。

現在チャンネル登録者数が100万人を超えているユーチューバー(YouTuber)でも1年や2年掛かったなんて人は当たり前です。

1ヶ月目で10万円稼ぐのが甘いって話なんです。

しかし1ヶ月目で1万円なら?

もしかしたら可能かもしれません!

まず動画を撮影してみる事からスタートしないとスタートラインにすら立てないので、ユーチューバー(YouTuber)になりたい方はまずはじめてみましょう!

ユーチューバー(YouTuber)として稼ぐまとめ

トップユーチューバー(YouTuber)でも再生報酬として得ている金額は年間1億~2億円と言われています。

動画再生だけでなく、企業案件と並行していくことによりより収益をアップする事が可能です。

ただ、非常に質のいいコンテンツやマーケティング戦略がないとユーチューバー(YouTuber)として稼ぐのは難しいかもしれないです。

ユーチューバー(YouTuber)飽和状態で稼ぐ為には、他者と違うコンテンツで差別化をして視聴者を獲得するしかありません!

YouTube動画のジャンル

YouTube動画のジャンル

YouTubeでチャンネル開設をする際に、自分がどのジャンルの動画を作成していくのかの方向性を考えるかと思います。

様々な動画のジャンルがある中で、あなたはどのジャンルで勝負していきますか?

商品紹介やコメディ・おばか系やゲーム実況など主要なジャンルは既に多くの人気チャンネルが存在しているので、相当そのジャンルで突出していないと主要ジャンルで勝ち残っていくのは非常に難しいです。

基本的には自分自身が一番勝負しやすいジャンルを選ぶのが一番いいです。

趣味・特技・知識など、自分が特化しているジャンルを選ぶのがいいですが、興味があるジャンルに手を出すのもいいと思います。

まずはジャンルを知らないと、自分がどのジャンルに属したいのか決められないのでジャンルを知った上で選択の参考にして下さい。

商品レビュー

商品レビュー動画とは?

トップユーチューバー(YouTuber)のHIKAKIN(HikakinTV)さん瀬戸弘司 / Koji Setoさんなどが商品レビュー動画を積極的にアップしております。

HIKAKIN(ヒカキン)

HIKAKINさんはオールジャンルの商品レビュー動画をアップされていますが、主に食品系のレビューが多いです。

飲食系の商品レビューは自分では買いにくいけど、非常に気になる新商品などのレビューをされてる動画が再生数が伸びやすかったりしますね!

例えば「ぺヤング焼きそば ギリチョコソース」や「一平ちゃん夜店の焼きそば ショートケーキ味」など、自分では興味はあっても買うかは悩む商品などですね(笑)

瀬戸弘司

瀬戸弘司さんの商品レビュー動画は、比較的ガジェット系の動画が多いです。

食べ物などのレビューをされる事もありますが、カメラや楽器やゲーム機などの商品レビュー動画が多いです。

瀬戸弘司さんは音楽などもやられているので、楽器などのレビューや開封動画も多いです。

ガジェット好きにはたまらないチャンネルですね!興味ないジャンルも知れたりするのでチャンネル登録されている方も100万人を超えています。(2017年1月現在)

コメディ・おばか系

コメディやおばか系にはトーク・ドッキリ・体を張る系・コント・実験などの様々なサブジャンルが存在しています。

コメディ・おばか系の動画とは、自分ではやらないけど見るのは楽しい!などのTVを見ているのと同じ感覚ですね!

はじめしゃちょー

このジャンルで完全に独走状態のチャンネルといえばはじめしゃちょーさんです。

YouTubeのTVCMなどでも有名ですが、スライム風呂が有名です。

自分では絶対にやらないような事を動画にしていて非常に人気ユーチューバー(YouTuber)の一人です。

はじめしゃちょーさんの他にもFischer’s-フィッシャーズ-さんやおるたなChannelさんがこのコメディ・おばか系ジャンルでは非常に人気があるチャンネルです。

ただし、コメディ・おばか系の動画ジャンルは増え続けていますので、このジャンルで勝ち抜く為には動画のクオリティはもちろん、万人受けしやすい笑のセンスも問われますので、新規参入するには厳しい動画のジャンルと言えます。

ゲーム実況

ゲーム実況とは?コンシューマーゲーム機・スマホゲーム・PCゲームなど様々なハードのゲームをプレイし紹介・実況していくスタイルの動画です。

人によっては実況というよりは解説や普通にプレイしているだけの方もいらっしゃいます(笑)

トップユーチューバー(YouTuber)の方もサブチャンネルとしてゲームチャンネルを作成されている方も多いです。

PCゲームだとマインクラフトや青鬼など、スマホだとモンストなど、コンシューマーゲーム機だとマリオメーカーなどが再生数が多いゲームになっています。(2017年1月現在)

キヨ

キヨさんはフリーゲームやコンシューマーゲームなど幅広いジャンルで活躍するトップゲーム実況者の一人です。

最近では顔出しでも、様々なメディアに露出しておりアイドル的人気も得ています!

兄者弟者

兄者弟者さんはPC系のゲームが多くFPS(ファーストパーソン・シューティングゲーム)などを主にプレイされています。

弟者さんの声が声優の大塚明夫さんの声に似ている事(似せている?)でも人気です。

実の兄弟での実況プレイをしているので、その辺も人気の一つなのかもしれないですね!

ビデオブログ

最近では純粋なビデオブログというのはあまりないのではないでしょうか?

ネタ系を入れつつビデオブログとして成り立てて行くという構成が多い気がします。

シバター(PROWRESTLING SHIBATAR ZZ)

シバターさん(PROWRESTLING SHIBATAR ZZ)は比較的ビデオブログ要素が強いのではないかと思います。

自分の言いたい事をストレートに表現する、最近では他ユーチューバー(YouTuber)をネタにしたり芸能人に物申したりする動画も多いですね。(パチスロチャンネルに誘っているネタですね…(笑)

他にもみっきーチャンネルさんしばなんチャンネルさんがビデオブログ系かと思います。

ビデオブログの競合はあまり多くないので参入障壁は低いと思いましたか?

それは大きな間違いです!

ビデオブログは何よりもトークが重要です。

毎日投稿し、違うトークを繰り広げないとチャンネル登録者は飽きてしまいチャンネル登録人数は頭打ちになってしまいます。

どんなジャンルであっても人や内容がしっかりしていないと再生されないので、どのジャンルであっても努力は必要です。

ノウハウ・ハウツー

ノウハウ・ハウツー動画とは?生活に役立つ情報や商品などの使い方などを説明したりする動画ジャンルです。

動画のネタが日常にたくさんあるのも、この動画への参入のしやすさですね!

あさひ(sasakiasahi)

あさひ(sasakiasahi)さんはメイクのハウツー動画をアップされている方です。

女性のメイクの悩みやメイクの仕方、基本から応用・メイクグッズのレビューなどもされています。

女性にとってメイクは重要な悩みだったりしますからね!

海外ではこのジャンルは人気ですが、日本ではまだまだマイナーな部類です。(2017年1月現在)

ビエボ(Beable)

ビエボ(Beable)さんは日本最大級のハウツー動画サービスです。(自称)

様々なジャンルのハウツーを展開していますが、再生数だけで見てしまうとまだまだですが、このジャンルとしては数を出す事により何かがヒットする可能性が秘められています。

ノウハウ・ハウツーのサブジャンルには楽器や携帯(iPhone・スマホ)の使い方、掃除・片付けの仕方など本当に日常レベルの事でも、誰かにヒットする可能性があるので参入しやすいジャンルかと思います。

自分の一芸を他人に教えるなどでもいいと思います!

ミュージック

YouTubeではプロミュージシャンの音楽PVが人気なのはもちろんの事、アマチュアの方が自作の曲を公表したり、有名な曲のカバーで人気が出ているケースもあります。

現在では楽器が出来なくても、歌が下手でもDTM(デスクトップミュージック)や初音ミクなどのボーかロイドを使い音楽を作る事が可能です。

また、楽器の演奏系動画も人気ジャンルの一つです。

ピコ太郎

ピコ太郎さんは日本の2016年度のミュージックシーンを席巻したアーティストです。(小坂大魔王さんというお笑い芸人さんです。)

ジャスティンビーバーがTwitterで紹介した事で世界中で爆発人気になりました。

どこにチャンスが転がってるかなんて誰も判りませんね…(笑)

Goose house

Goose houseさんは普段からユニットとして活動しているわけではなく、異なるミュージシャンがシェアルームに集まって音楽活動を行っています。

複数のメンバーで構成されており、常に同じユニットというわけではないようです。

ボーカルや楽器の構成が変ったりもして1つのグループとして、複数のユニットが混在していて非常に面白いです。

ボーかロイド(VOCALOID)

ボーかロイドを使うことにより、ミュージックというジャンルへの参入はしやすくなりました。

自分自身で演奏できなくても、歌えなかったとしても作曲と作詞が出来れば曲が出来てしまうんです。

ボカロ(ボーかロイド)を使用しているP(プロデューサー)の中にも楽譜を読めない人も居ますので、楽器が出来ない!歌が上手くない!と嘆いている方でも活躍できるチャンスはあるのです!

教育

英語や数学などを教えているチャンネルがいくつか存在します。

教育系でチャンネル登録者を伸ばすことは難しいですが、ヒットすればBilingirl Chikaさんのように再生数を伸ばすことも可能です!

Bilingirl Chika

Bilingirl Chikaさんは英会話の動画で人気のユーチューバー(YouTuber)です。

英会話だけではなく海外旅行などの疑問や海外関連の情報を多く配信しています。

料理

料理動画も、YouTubeなどの動画サイトではもちろんネットのコンテンツとしては鉄板のコンテンツと言えます。

夕食のレシピに困った時にクックパッドなど見ますよね?

ただ、文章や写真で見るよりも動画で見たほうがよりわかりやすいので動画でレシピ紹介などが伸びている一因かと思います。(3分間クッキング的な!)

料理というジャンルではまだ、ずば抜けているチャンネルというのはあまり見かけないので、動画次第ではまだまだ参入しても料理ジャンルでトップユーチューバーになる事は可能かもしれません。(YouTuber)

パチンコ・スロット

こちらのジャンルは一定の人気があり、実際にパチンコやスロットを打たない方でも動画を見ていたりします。

実践動画や新台解析の動画が人気です!

台の人気ももちろんですが、打ち手(ライター・スロッター・パチンカー)が非常に重要です。

素人がお店に行き実践するというのは非常に難しいので、参入するにはお店などとの交渉する必要があります。

しかし、実機動画であればヤフオクなどで実機を落札すれば動画の撮影自体は可能なので不可能ではありません。

パパチンコやスロットの知識が必要か?と言われるとそうではないようです。

スロパチステーション

最近勢いがあるパチスロチャンネルといえばスロパチステーションさんですね!

打ち手であるいそまるさんの人気があってこそかと思います。

乗り物系(車・電車など)

電車はオタク文化の中でも歴史の長いコンテンツの一つです。

電車の動画は走行系の動画が多いです。これは自身が映像に映らなくていいし撮影するだけなので比較的参入がしやすいですが!

やはり構図などもあるので、見たいと思わせるアングルで撮れるかなどはそこそこの知識がないと難しいかもしれませんね。

車系の動画も走行系なの?と思われる方も多いと思いますが走行系だけの動画ではないんです!

最近では色々なジャンルでDIYが流行っていますよね?

その為、整備や塗装・カスタムなどの動画も流行っています。

RED Memory(レッドメモリー)

レッドさん率いるRED Memoryは車関連の動画を多くアップロードしています。

自分自身で中古車を買い、その車をカスタムしていくという動画です。

塗装やカスタムパーツの装着、パーツのレビューなど様々です。

プロではないですが、判りやすく解説していたりするので、それが人気の秘訣かもしれないですね。

ペット・動物

ペットや動物関連の動画はTVだけでなく、YouTubeなどの動画サイトでも根強い人気があります。

猫や犬が好きだけど、家で飼えない人が動画を見たり可愛い仕草や犬猫ハプニング映像などがSNSなどで拡散されたりして話題になったりしています。

更にペット・動物系の動画には基本的に言葉の壁が存在しないので、全世界で再生される可能性があるのです。

しかし、チャンネルとして運用されている数は少ないのでペット・動物特化チャンネルはまだまだ参入障壁は低いと考えられます。(2017年1月現在)

mugumogu

mugumoguさんはUQ WiMAXで有名になった猫のチャンネルです。

動画も2千万再生越えをしており、CM効果と相まって人気チャンネルの一つになっています。

衝撃映像

交通事故や火事や自然現象などの決定的瞬間を捉えた映像はSNSなどでシェアされて拡散されやすく、爆発的に再生数を獲得する事がしやすいです。

しかし、衝撃系の映像は狙って撮れるものではなく偶然の物だからこそ再生される動画だと言えます。

日本でオリジナルのコンテンツとして衝撃映像系をまとめているチャンネルはない(2017年1月現在)ので動画を買い取ったり提供してもらったりして、チャンネル化する事は可能かと思います。

トレンド

世間で流行っている事に的を絞って動画を作成し投稿しているのが、このトレンドのジャンルです。

再生数のために騙し的な動画が多く、完全にお金儲けのために再生数を稼ぐ手法が多く見られます。

トレンド系の動画の多くは、ニュースサイトから拾ってきた文章にフリー素材の音楽などを適当につけた動画が多く、ただ動画を量産して再生数を稼ぎたいだけの低クオリティの動画が殆どです。

文章を音声ソフトに読ませたり、多少の違いはあるものの殆ど同様の動画になります。

主にミュージック関連の動画で、PVなどを探してる人を騙したりして再生数を稼いでいます。

本格的にトレンドというジャンルでコンテンツ重視で作る方は、自分で開拓していくつもりでこのジャンルを切り開いていってください。(2017年1月現在)

カード開封

遊戯王やマジックザギャザリングなどの人気ゲームのカード開封動画が人気です。

パック開封動画はもちろんですが、オリパ(オリジナルパック)などを開封する動画も人気です。

1万円で買ったりしてゴミカードが入ってたら悲しい…

人の不幸は蜜の味!メシウマ!って思って見ている人も居ますが、純粋に開封を楽しんでいる方も居ます。(笑)

みさわ

みさわさんですが、遊戯王を主に開封しているユーチューバー(YouTuber)の方です。

ハイテンションで開封するスタイルも人気なんだと思います。

大食い・飯動画

大食いはTVでも人気コンテンツの一つです。

常人では考えられないような量のご飯を食べたりしています。

主にTVで活躍している大食いの方の動画が人気です。

ただ単に普通に雑談しながらご飯を食べるという動画もある一定層には需要があるようです。(ビデオブログに近い気もします。)

木下ゆうか

木下ゆうかさんはTVでも活躍している大食いタレントです。

ただご飯を食べるだけでなく、料理の工程など解説していたりもするのでそちらも人気の一因なのではないでしょうか?

ビジネス

ビジネス系の動画もある一定層には需要があります。

セミナーをやられてる方やアフィリエイターなどの動画が結構上がってたりもします。

有名どころですと堀江貴文さん世沢翼さんの動画が挙げられます。

有名な方でなくても、コンテンツ次第では再生数が伸びる可能性がありますので、ビジネス関連に強い方にはオススメのジャンルです。

ニュース

ネットニュースなどを纏めた動画やニュースについて自分自身の意見や思想を語る動画の事です。

主に政治問題や時事問題を取り扱っているKAZUYA Channelさんがこのジャンルでは強いです。

自身で取材をしてきてそれを動画にしているユーチューバー(YouTuber)は今の所皆無です。(2017年1月現在)

まとめ動画

Blogで流行った2chのまとめを動画化したものです。

2chまとめはブログでも問題視されていましたので、今後問題になってくる可能性も高いと思います。

ジャンルまとめ

当記事で書いたジャンルは大まかな物になります。

サブジャンルなども含めるともっと多くのジャンルが存在します。

自分自身がどのジャンルなら勝負できるのかを見極め、自分が得意なジャンルや興味のあるジャンルの動画を作成してみるのがいいと思います。

今後、各ジャンルについてももう少し詳しく書いていきたいと思います。

ユーチューバー(YouTuber)の危険リスクとは?

ユーチューバーの危険性

近年ユーチューバー(YouTuber)がメディアで取り上げられたりと、皆さんもユーチューバー(YouTuber)を目にする機会も増えたのではないでしょうか?

はじめしゃちょーさんやHIKAKIN(ヒカキン)さんやMAHOTO(マホト)さん等に代表されるユーチューバー(YouTuber)が人気です。

ユーチューバー(YouTuber)が有名になったことで、

「私もユーチューバー(YouTuber)になりたい!」

と考える人が増えてきました。

これは、TVしかなかった時代も同じですが私も有名人になりたい!

と安易に考えた方も少なくないはずです。(笑)

有名人もそうですが、ユーチューバー(YouTuber)として生活をしていくというのは、簡単な事ではありません。

「ただ動画をアップしてるだけじゃん(笑)」

という人も少なくないですが、そんなにYouTubeは甘い物ではありません。

当記事ではユーチューバー(YouTuber)のリスクなどを解説致します。

肖像権の侵害などのリスク

人気ユーチューバー(YouTuber)でも、そうでなくても「顔出し」をしているユーチューバー(YouTuber)は、自分自身の画像などを使われてしまうリスクがある事を理解しておいた方が良いでしょう。

これはネット上に自分自身の写真を上げている場合もこうしたリスクは存在します。

成人した大人が自分自身の責任で行うのであれば、問題ないかも知れませんが、未成年のお子さんが自身の判断で行うのには非常に危険といえます。

未成年のお子さんがユーチューバー(YouTuber)を目指す場合には、保護者の方へ一度相談してみた方がいいかもしれませんね!

身バレ・家バレなどのリスク(個人情報の流出)

顔出しユーチューバー(YouTuber)では、よくある事例になりますが、身バレ・家バレのリスクがある事は覚悟してください。

身バレとは?
身元・身分が明らかになってしまう事です。
学校や会社など、人にユーチューバー(YouTuber)である事が知られたくない人にとっては重要な問題です。

家バレとは?
自分の住んでいる家が、明らかになってしまう事です。
知らない誰かが、家に突然訪問してきたり、頼んでも無いデリーバリーや商品が届いたりする事が実際に起きています。(これらは犯罪ですが、犯罪に巻き込まれるリスクも伴います。)

顔出しをしていなくても身バレのリスクがある事は覚悟した方がいいかもしれません。

また、自身だけではなく家族や友人を巻き込んで問題発展してしまうリスクも存在していますので、こちらも併せて注意しましょう。

煽りや炎上のリスク

YouTubeに動画をアップすると低評価や投稿者を煽るようなコメント・動画や投稿者をDisる(軽蔑する・馬鹿にする)行為などは日常茶飯事です。

煽りや炎上に耐性の無い方が、それらに参戦するのは精神病に陥ってしまうリスクもありますので気をつけましょう。

※これはYouTubeに限った事ではありませんが…

退学や会社の退職勧告(クビ)などのリスク

現在では、まだユーチューバー(YouTuber)への理解は少ないと思います。

学校や会社にユーチューバー(YouTuber)である事が知られると、学校を退学になるリスクや会社から退職勧告(クビ)にされてしまうリスクもあります。

学校や会社にクレームの電話が掛かってきたりして、在籍する学校や会社にユーチューバー(YouTuber)である事がばれてしまったりして退学やクビになってしまうケースもあるようです。

※実際に学校や会社からユーチューバー(YouTuber)を続けるのか辞めるのか、どちらか選べと言われたユーチューバー(YouTuber)も存在します。

今後、芸能活動のようにこれらに理解を示す学校や会社も現れるかもしれませんが、現状ではまだまだ理解されるのは厳しいかもしれません。

ユーチューバー(YouTuber)が飽和状態

これからユーチューバー(YouTuber)を目指す方は、YouTube初期よりももっと激戦区になってる事を理解しましょう。

トップユーチューバーであるHIKAKIN(ヒカキン)さんに憧れてユーチューバー(YouTuber)を目指した方によくありがちなのが、「○○キン」現象です。(学校のあだ名などでも○○キンとつけるケースも珍しくないようです。)

ユーチューバー(YouTuber)を目指した方々の夢が砕け散った残骸がYouTubeには膨大にあります(苦笑)

自分自身に自身がある方やコンテンツやマーケティング戦略に自身がある方が、新たにユーチューバー(YouTuber)になるのは良いと思います。

コンテンツやマーケティング戦略で成功している事例がヒカルさんですね。

ヒカルさんは賛否両論ありますが、1年未満でチャンネル登録者が100万人を突破している事を見てもヒカルさんの手腕あってのものではないでしょうか?

もちろん、稼ぐ目的ではなく趣味でユーチューバー(YouTuber)をやられる場合にはこの限りではありません。

そもそも確実に儲かるわけでもなく、収入が不安定

ユーチューバー(YouTuber)で稼ぎたい人にとっては、お金をどうやって稼ぐのかが一番の問題ですよね?

ユーチューバー(YouTuber)の収入は非常に不安定なんです。

現在の広告レートは以前より下がっているといわれています。(2017年1月現在)

以前までは1再生0.1円と推定されていましたが、最近の広告料のレートは0.025円ほどではないかと言われています。

ミリオン(100万再生)を達成したとしても2万5千円しか儲からない計算です…

YouTubeは広告料のレートを公開していませんので、どれぐらいの広告料のレートかはYouTubeしか知りえないのです…

また、アカウントが突然停止されるなどのリスクもあり全てはYouTube次第というわけです。

ユーチューバー(YouTuber)になるリスクまとめ

上記のリスクは一例に過ぎません。

様々なリスクを理解してそれでもユーチューバー(YouTuber)になりたい!という覚悟のある方は是非ユーチューバー(YouTuber)を目指してください!

誰でもチャレンジでき、夢を掴むチャンスはあります!

これはユーチューバー(YouTuber)に限らず、生きていくうえでは必ずリスクはあるので、これらのリスクをどう捉えるかは自分次第です。

ただ、未成年の方は保護者の方の了承は取っておいた方がいいでしょう。