ユーチューバー(YouTuber)って儲かるの?(稼げるの?)

ユーチューバーは儲かる?

「好きなことで、生きていく」

テレビCMでこのフレーズを見聞きしたりしていませんか?

そう、このCMです!

ユーチューバー(YouTuber)を目指す方の理由は様々かと思いますが、大半の理由はユーチューバー(YouTuber)になってお金を儲けたい!(稼ぎたい)からですよね?

子供のなりたい夢(小学校4年生 男子)
第1位 サッカー選手
第2位 医者
第3位 ユーチューバー(YouTuber)
第4位 公務員
という結果でした。

医者と公務員は現実的ですね(笑)

それはさておき、子供の夢でユーチューバー(YouTuber)がランクインするのは子供達の中でもユーチューバー(YouTuber)が一般的な職業として子供達に認識されていると言う事が驚きですよね!

職業として認識されていると言う事は、ユーチューバー(YouTuber)はお金が稼げるの?というのが一番の疑問ですよね?

当記事ではユーチューバー(YouTuber)の収入について、解説していきます。

YouTubeの収入の仕組み

ユーチューバー(YouTuber)がお金を得る為には、動画を作成し、動画をYouTubeにアップロードして、その動画に広告を入れることが出来、その広告の収入の一部を得られるという仕組みになっています。

一昔前までの動画再生の収入は1再生ごとに約0.1円の報酬がもらえたそうです。(推定)

現在の動画再生の収入は1再生ごとに約0.025円と言われております。(推定 2017年1月現在)

1再生あたりの収入が0.025円だった場合で1万再生されたとします。

その時の1動画あたりの収入は0.025円×10,000再生=250円です。(苦笑)

10万再生でも、収入が25,000円しかない事になります。

月収30万稼ぐとすると、10万再生される動画を月間12本アップロードする必要があるのです。

視聴者の低年齢化が進めば進むほど、広告料レートが下がる可能性が高いので、ユーチューバー(YouTuber)として稼ぐ事は難しくなるかもしれません。

しかし!トップユーチューバー(YouTuber)になると、広告費のレートが上がる場合があるので、1再生あたりの収入は増える可能性があります。

トップユーチューバー(YouTuber)っていくらぐらい稼いでるの?

様々なサイトでユーチューバー(YouTuber)の年収が公開されていますが、あくまでもユーチューバー(YouTuber)本人がそういっているわけではないので推定年収などになります。

HIKAKIN(ヒカキン)

日本でユーチューバー(YouTuber)のパイオニア的存在といえばこの人しか居ないでしょう!

HIKAKIN(ヒカキン)さんです。

HIKAKIN(ヒカキン)さんの2016年度の推定年収は

1億円~2億円といわれております。

ただ、HIKAKIN(ヒカキン)さんはHikakinTVとHikakinGamesの2チャンネル構成でアップロードしていますので実際の年収はもっと多いかと思います。

はじめしゃちょー

はじめしゃちょーさんは、単一のチャンネル登録者数で言えば日本一です!(2017年1月現在)

自分では出来ない実験や、ドッキリなどで若年層の絶大な支持を得ています。

はじめしゃちょーさんの2016年度の推定年収は

1億前後といわれております。

TVCMでも有名な二方の年収が判ると、大体どれぐらい稼げるのかが見えてくると思います。

本当にトップ中のトップで大体1億~2億を動画再生で稼いでるという事になります。

ユーチューバー(YouTuber)の収入って動画再生だけなの?

こちらも疑問だと思います。

芸人などはよくイベント(営業)で1本数十万~数百万稼ぐといわれています。

それは、ユーチューバー(YouTuber)でも同じ事が言えます。

動画再生数だけではなく、企業案件やイベント出演で+αの収入を得ているのです。

ユーチューバー(YouTuber)の企業案件とは?

こちらはその名の通り、企業から依頼を受けて動画を作成する事です。

TVを見ているとCMが流れていますよね?

それと同じ事を企業がユーチューバー(YouTuber)を使って行っているのです。

商品レビューやアプリの紹介、出会い系の紹介なんてのも最近では見られますよね。

この企業案件によりユーチューバー(YouTuber)は再生収入とは別の収入を得ているのです!

人により様々ですが、1本数万円~数百万円の企業案件があるといわれています。

これはチャンネル登録者数や在籍している事務所により異なります。

1ヶ月10万円稼ぐのは難しい!しかし1ヶ月1万円からなら?

いきなりユーチューバー(YouTuber)として1ヶ月10万円稼ぐのは、相当難しいです!

継続は力なりという言葉がありますが、その通りです。

現在チャンネル登録者数が100万人を超えているユーチューバー(YouTuber)でも1年や2年掛かったなんて人は当たり前です。

1ヶ月目で10万円稼ぐのが甘いって話なんです。

しかし1ヶ月目で1万円なら?

もしかしたら可能かもしれません!

まず動画を撮影してみる事からスタートしないとスタートラインにすら立てないので、ユーチューバー(YouTuber)になりたい方はまずはじめてみましょう!

ユーチューバー(YouTuber)として稼ぐまとめ

トップユーチューバー(YouTuber)でも再生報酬として得ている金額は年間1億~2億円と言われています。

動画再生だけでなく、企業案件と並行していくことによりより収益をアップする事が可能です。

ただ、非常に質のいいコンテンツやマーケティング戦略がないとユーチューバー(YouTuber)として稼ぐのは難しいかもしれないです。

ユーチューバー(YouTuber)飽和状態で稼ぐ為には、他者と違うコンテンツで差別化をして視聴者を獲得するしかありません!