ユーチューバー(YouTuber)の危険リスクとは?

ユーチューバーの危険性

近年ユーチューバー(YouTuber)がメディアで取り上げられたりと、皆さんもユーチューバー(YouTuber)を目にする機会も増えたのではないでしょうか?

はじめしゃちょーさんやHIKAKIN(ヒカキン)さんやMAHOTO(マホト)さん等に代表されるユーチューバー(YouTuber)が人気です。

ユーチューバー(YouTuber)が有名になったことで、

「私もユーチューバー(YouTuber)になりたい!」

と考える人が増えてきました。

これは、TVしかなかった時代も同じですが私も有名人になりたい!

と安易に考えた方も少なくないはずです。(笑)

有名人もそうですが、ユーチューバー(YouTuber)として生活をしていくというのは、簡単な事ではありません。

「ただ動画をアップしてるだけじゃん(笑)」

という人も少なくないですが、そんなにYouTubeは甘い物ではありません。

当記事ではユーチューバー(YouTuber)のリスクなどを解説致します。

肖像権の侵害などのリスク

人気ユーチューバー(YouTuber)でも、そうでなくても「顔出し」をしているユーチューバー(YouTuber)は、自分自身の画像などを使われてしまうリスクがある事を理解しておいた方が良いでしょう。

これはネット上に自分自身の写真を上げている場合もこうしたリスクは存在します。

成人した大人が自分自身の責任で行うのであれば、問題ないかも知れませんが、未成年のお子さんが自身の判断で行うのには非常に危険といえます。

未成年のお子さんがユーチューバー(YouTuber)を目指す場合には、保護者の方へ一度相談してみた方がいいかもしれませんね!

身バレ・家バレなどのリスク(個人情報の流出)

顔出しユーチューバー(YouTuber)では、よくある事例になりますが、身バレ・家バレのリスクがある事は覚悟してください。

身バレとは?
身元・身分が明らかになってしまう事です。
学校や会社など、人にユーチューバー(YouTuber)である事が知られたくない人にとっては重要な問題です。

家バレとは?
自分の住んでいる家が、明らかになってしまう事です。
知らない誰かが、家に突然訪問してきたり、頼んでも無いデリーバリーや商品が届いたりする事が実際に起きています。(これらは犯罪ですが、犯罪に巻き込まれるリスクも伴います。)

顔出しをしていなくても身バレのリスクがある事は覚悟した方がいいかもしれません。

また、自身だけではなく家族や友人を巻き込んで問題発展してしまうリスクも存在していますので、こちらも併せて注意しましょう。

煽りや炎上のリスク

YouTubeに動画をアップすると低評価や投稿者を煽るようなコメント・動画や投稿者をDisる(軽蔑する・馬鹿にする)行為などは日常茶飯事です。

煽りや炎上に耐性の無い方が、それらに参戦するのは精神病に陥ってしまうリスクもありますので気をつけましょう。

※これはYouTubeに限った事ではありませんが…

退学や会社の退職勧告(クビ)などのリスク

現在では、まだユーチューバー(YouTuber)への理解は少ないと思います。

学校や会社にユーチューバー(YouTuber)である事が知られると、学校を退学になるリスクや会社から退職勧告(クビ)にされてしまうリスクもあります。

学校や会社にクレームの電話が掛かってきたりして、在籍する学校や会社にユーチューバー(YouTuber)である事がばれてしまったりして退学やクビになってしまうケースもあるようです。

※実際に学校や会社からユーチューバー(YouTuber)を続けるのか辞めるのか、どちらか選べと言われたユーチューバー(YouTuber)も存在します。

今後、芸能活動のようにこれらに理解を示す学校や会社も現れるかもしれませんが、現状ではまだまだ理解されるのは厳しいかもしれません。

ユーチューバー(YouTuber)が飽和状態

これからユーチューバー(YouTuber)を目指す方は、YouTube初期よりももっと激戦区になってる事を理解しましょう。

トップユーチューバーであるHIKAKIN(ヒカキン)さんに憧れてユーチューバー(YouTuber)を目指した方によくありがちなのが、「○○キン」現象です。(学校のあだ名などでも○○キンとつけるケースも珍しくないようです。)

ユーチューバー(YouTuber)を目指した方々の夢が砕け散った残骸がYouTubeには膨大にあります(苦笑)

自分自身に自身がある方やコンテンツやマーケティング戦略に自身がある方が、新たにユーチューバー(YouTuber)になるのは良いと思います。

コンテンツやマーケティング戦略で成功している事例がヒカルさんですね。

ヒカルさんは賛否両論ありますが、1年未満でチャンネル登録者が100万人を突破している事を見てもヒカルさんの手腕あってのものではないでしょうか?

もちろん、稼ぐ目的ではなく趣味でユーチューバー(YouTuber)をやられる場合にはこの限りではありません。

そもそも確実に儲かるわけでもなく、収入が不安定

ユーチューバー(YouTuber)で稼ぎたい人にとっては、お金をどうやって稼ぐのかが一番の問題ですよね?

ユーチューバー(YouTuber)の収入は非常に不安定なんです。

現在の広告レートは以前より下がっているといわれています。(2017年1月現在)

以前までは1再生0.1円と推定されていましたが、最近の広告料のレートは0.025円ほどではないかと言われています。

ミリオン(100万再生)を達成したとしても2万5千円しか儲からない計算です…

YouTubeは広告料のレートを公開していませんので、どれぐらいの広告料のレートかはYouTubeしか知りえないのです…

また、アカウントが突然停止されるなどのリスクもあり全てはYouTube次第というわけです。

ユーチューバー(YouTuber)になるリスクまとめ

上記のリスクは一例に過ぎません。

様々なリスクを理解してそれでもユーチューバー(YouTuber)になりたい!という覚悟のある方は是非ユーチューバー(YouTuber)を目指してください!

誰でもチャレンジでき、夢を掴むチャンスはあります!

これはユーチューバー(YouTuber)に限らず、生きていくうえでは必ずリスクはあるので、これらのリスクをどう捉えるかは自分次第です。

ただ、未成年の方は保護者の方の了承は取っておいた方がいいでしょう。